札幌市豊平区の爆発事故で、APAMANは不動産店にいた従業員から聞き取り調査し、消臭スプレー缶約120本の廃棄処理後、湯沸かし器をつけたところ爆発が起きたとの報告を受けたと発表した。

この記事を見て驚愕した。

あまりにも、失礼かとは思いますが、「無知」すぎる。

爆発範囲濃度なんて知らなくても構わないが、「爆発」の危険性を予知できないことが残念である。

小学生で、義務教育で教えるべきなのかしら?

おそろしいことである。

なんの疑問もなかったとは、おもえない。