おはようございます。

防災士の秋池幹雄(090 9956 0480)です。

埼玉県のイツモ防災のインストラクターも仰せつかっています。

よろしく、お願い申し上げます。

今朝のタイトルは、わたしの本音を書きました。

大きな災害が来たら、

自分自身の判断と、行動で、自分の命を守らなければなりません。

そして、余裕があれば、家族や、お隣のひとたちを、

助けられるかも知れません。

そのためには、自分の家に襲い掛かるであろう災害を想定して、

準備することが重要です。

 

あなたの家を襲うのは、なんでしょうか?

わたしの尊敬する方のブログでは、

第4作になりますが、仮想世界を舞台にして、

ISO認証精度の検証をしようと、物語が進んでいます。

しかし、只今の物語の部分を読まれると、

読者のかたがたは、防災小説かな?と、思われるかもしれません。

非常に良くできている小説です。

かれの主義は、事実に基づくことです。

調査学習の姿勢にも、目を見張るものがございます。

感動しながら、ISO認証は、兎も角、

防災について、

自分の命をどうやって守るのか?

是非、考えて下さい。

そして、準備をしてください。

命は、自分で守ってください。

http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2018/isekai103.html

 

 

作者のメインページです。

自称、右翼です。

日本をこよなく愛する日本人なだけです。

http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/index.html

わたしは、

右であろうと、左であろうと、

有るべき姿をもとめ、

行動する正義を支持いたします。